“奉供”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶぐ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奉供”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
清衡朝臣きよひらあそん奉供ぶぐ一切経いっさいきょうのうちであります——時価で申しますとな、ただこの一巻でも一万円以上であります。」
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)