“太神樂”の読み方と例文
新字:太神楽
読み方割合
だいかぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「でも、この騷ぎでは眞階下に休んでゐられませんよ、八五郎親分と來たら、太神樂仁輪加をけしかけたやうで」
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
さういふ人達が寄つてたかつて、太神樂の道化役にも使ひ、の熊手のかざりにまで引張り出す。折角をかしみのある女の風情も、長い間に磨り減らされ、踏みにじられてしまつた。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
太神樂ぐ……るまい。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)