“太和”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“太和”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蜀の建興九年は、魏の太和たいわ五年にあたる。この春の二月、またも急は洛陽の人心へ伝えられ、魏帝はさっそく力と恃む司馬懿しばい仲達を招いて、
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唐の太和たいわの末年である。