“大気燄”の読み方と例文
読み方割合
だいきえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうも西洋料理へ這入る気がしないと云うような大気燄で——全体あのは洋行なすった事があるのですかな
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大気燄じゃ。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自分ではこれほどの見識家はまたとあるまいと思うていたが、先達てカーテル・ムルと云う見ず知らずの同族が突然大気燄げたので、ちょっと吃驚した。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)