“大捜索”の読み方と例文
読み方割合
だいそうさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
柳生の里から江戸入りした高大之進を隊長とする一団は、麻布本村町林念寺前の柳生の上屋敷に旅装をとくが早いか、ただちに大捜索を開始した。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
一同はサッとを散りました。家の中に引かえすもの、門の方へ行くもの、木立の中へ入るもの——僚友の名を呼びつつ大捜索にかかりました。しかし黒田警官の姿は何処にも見当りません。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それから、また、船の中の大捜索がはじまりました。
仮面の恐怖王 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)