“夜摩”の読み方と例文
読み方割合
やま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千代 空の、空の、大空の、夜摩やまの国といふところに、ぢぢ様も、父様も、また死んだ其方そなたの妹も、みんな仲ようくらいておぢやると、最勝寺様が申された。
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)