“夜帰”の読み方と例文
読み方割合
よがえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女の家につど博徒ばくとの若者が、夏の夜帰よがえりによく新村入の畑にんで水瓜を打割って食ったりした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)