“多衆”の読み方と例文
読み方割合
おほぜい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
オイ、昨夜ゆうべ烏森からすもり玉翁亭ぎよくをうていに車夫のことで、演説会があつたんだ、所が警部の野郎多衆おほぜい巡査を連れて来やがつて、少し我達おれたち利益ためになることをいふ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)