“堀部安兵衛”の読み方と例文
読み方割合
ほりべやすべえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっともこの方は倉造りではなかったけれども、堀部安兵衛が高田の馬場でを打つ時に、ここへ立ち寄って、枡酒を飲んで行ったという履歴のある家柄であった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これ一事かんと欲すればおのづから関聯して他の事に及ぶが故なり。細井広沢は書家なれど講談で人の知つたる堀部安兵衛とは同門の剣客にて絵も上手なり。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
これは憚様です。と身支度に婦人の心添を受けるところは堀部安兵衛といふ役だ。然し芝居でも、人数が多くて、支度をする方は大概取つて投げられるやうだから、お互に気を着ける事だよ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)