“執著:しゅうちゃく” の例文
“執著:しゅうちゃく”を含む作品の著者(上位)作品数
マリー・エスプリ・レオン・ワルラス1
岡本かの子1
蒲原有明1
“執著:しゅうちゃく”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 経済学・経済思想14.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は住居に対する執著しゅうちゃくの亡霊がまだ顔をさらしてゐるやうで軽蔑けいべつしたくなつた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
乗杉がいったように万巻ははなはだ誇張であるが、執著しゅうちゃくの書灰が蝶と化して、その幻想をいよいよ掻きたてて、ちらちらと舞を舞っているのが見えるようである。
用語に関しては、数学上の用語を用いれば少数の語で最も正確に最も明快に表現出来ることをば、リカルドがしばしばなしたように、またミルが経済原論の到る所になしたように、通常の用語を用いてすこぶる不正確にすこぶる困難に説明することに人々が執著しゅうちゃくしているのは、なぜであろうか。