“地震説:ぢしんせつ” の例文
“地震説:ぢしんせつ”を含む作品の著者(上位)作品数
伊東忠太1
“地震説:ぢしんせつ”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 建築学 > 建築構造100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学12.5%
社会科学 > 社会 > 社会福祉10.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
外人ぐわいじん地震説ぢしんせつは一けんはなは適切てきせつであるがごとくであるが、えうするにそは、今日こんにち世態せたいをもつて、いにしへの世態せたいりつせんとするもので、いはゆる自家じかちからもつ自家じか強壓けうあつするものであるとおもふ。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
PR