“喪門神”の読み方と例文
読み方割合
そうもんしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それのみでなく、この凌州の戦いによる副産物として、黒旋風の李逵が、枯樹山の山賊、喪門神鮑旭と、相撲とり上がりの没面目焦挺という二人をも仲間につれて帰って来た。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
地暴星 喪門神 鮑旭
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)