“喧喧囂囂”の読み方と例文
読み方割合
けんけんごうごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
梶はヨーロッパが左右両翼に分れて喧喧囂囂としている中を無雑作にシベリアを突っ走り、日本へ帰るとすぐ東北地方へ引き込んだ。
厨房日記 (新字新仮名) / 横光利一(著)