“喜多文子”の読み方と例文
読み方割合
きたふみこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ツイこの間新聞を賑わした法政大学の騒動の時、教授の一人である山崎楽堂氏が喜多文子五段の紹介か何かで単身、頭山翁を渋谷の自宅に訪問した。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)