“喜多可庵”の読み方と例文
読み方割合
きたかあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五郎作はまた博渉家山崎美成や、画家の喜多可庵と往来していた。中にも抽斎よりに四つ上の山崎は、五郎作を先輩として、すことにしていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)