“喉骨”の読み方と例文
読み方割合
のどぼね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
己の指が小蛇のよう跳りながら、生白い首にからんで喉骨のくだけるほども喰い入ると、腸の底からき上るような声がして、もう、あのぬらめいた血のだ。
道成寺(一幕劇) (新字新仮名) / 郡虎彦(著)