“喉嚨”の読み方と例文
読み方割合
のど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銀のは次第に大いになりて、金貨さへその間に輝けり。われは喉嚨の燃ゆるが如きを覺えたれば、葡萄酒一杯を買ひてこれにぎつ。黄白の山はみる/\我前にえたり。