“員弁”の読み方と例文
読み方割合
いなべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それがしは、織田家の臣、明智十兵衛というものだが、わが禅学の恩師で、員弁郡の持福寺におらるる勝恵上人をお訪ねしてゆく途中である」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これから大泉原員弁阿下岐をかけて、大垣街道。岐阜へ出たら飛騨越で、北国筋へも廻ろうかしら、と富田近所を三日稼いで、桑名へ来たのが昨日だった。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天平十六年の大安寺資財帳に、伊勢国三重郡采女郷十四町の内訳、開田二町五段未開田代十二町、同員弁宿野原五百町、開田三十町未開田代四百七十町などとある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)