“員数”の読み方と例文
旧字:員數
読み方割合
いんず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万がなる一枚とても数ふれば目の前なるを、願ひの高に相応の員数手近の処になく成しとあらば、我れにしても疑ひは何処に向くべき、調べられなば何とせん、何といはん、言ひ抜けんは罪深し
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)