“咬殺”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かみころ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“咬殺”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は熊吉の屍体を抱き上げて、咬殺かみころした如くに疵口きずぐちを咬んだ。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
が、こんな気持を咬殺かみころすことにも、私は今云つたやうに可なり男性的である。
亡弟 (新字旧仮名) / 中原中也(著)