“呉音”の読み方と例文
読み方割合
ごおん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお仏教語として品を呉音で読んで極楽浄土の階級性を表わす場合もあるが、広義における人事関係と見て差支ない。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
食をシーまたはスイーと読むのは呉音というもので、仏教を学んだ人はみな呉音をつかっていた。たぶんは大きな寺などに行って働いた人々が、おぼえてきてはやらせたものであろう。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
近畿とその周囲の諸県でケンズイという語は、『閑田耕筆』にもすでに注意しているごとく、「間食」の呉音であって寺家から出た言葉らしいが、是を東国の小昼飯の意味に農村では用いており
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)