“呉下阿蒙”の読み方と例文
読み方割合
ごかのあもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊にもわが親愛なる学生諸君を不良とは何事、義憤制すべからず、いまこそ決然立つべき時なり、たとい一日たりとも我は既に武術の心得ある男子なり、呉下阿蒙には非ざるなり、撃つべし
花吹雪 (新字新仮名) / 太宰治(著)