“同躰”の読み方と例文
読み方割合
どうたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人でいっしん同躰になって育てるから蜜柑がるんだ、お兼さんのようにあっちの男と寝たりこっちの男と寝たりすれば、せっかくの木になすびが生ったりかぼちゃが生ったり
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「栄さんの負けず嫌いはいいけれど、そんな思いあがりは大嫌いよ」と云っておのぶは栄二をんだ、「夫婦になれば一心同躰とさえいうじゃないの、女房が稼げば男はだめになるなんて、 ...
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
夫婦は一心同躰、良人がぐれだしたとみたら、命をけてもそれを止め、戒め励まして、常道に返らせるのが妻のつとめではないか、そのほうは千太郎の悪事を知っていた筈だ、それと気づいたとき
枡落し (新字新仮名) / 山本周五郎(著)