“吉里”の読み方と例文
読み方割合
よしざと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「うるさいよ。あんまりしつこいじゃアないか。くさくさしッちまうよ」と、じれッたそうに廊下を急歩で行くのは、当楼の二枚目を張ッている吉里という娼妓である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
小万は涙ながら写真と遺書とを持つたまゝ、同じ二階の吉里へ走ツて行ツて見ると、素より吉里のらう筈がなく、お熊を始め書記の男とに二人ばかり騒いでゐた。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
小万は涙ながら写真と遺書とを持ったまま、同じ二階の吉里へ走ッて行ッて見ると、より吉里のおろうはずがなく、おを始め書記の男とに二人ばかり騒いでいた。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)