“吉益東洞”の読み方と例文
読み方割合
よしますとうどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されど我國の醫史に據れば、温補の方盛に用ゐられて、漢醫の道衰へたるを、吉益東洞永富獨嘯庵の輩起りて、古方を唱へ、劇藥を用ゐ、一度は廻瀾の功を奏しき。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
関西では吉益東洞、といふやうな名医が出て、共に古方の復興を唱へ、実技もり、この両派の秀才が刀圭る要所々々へ配置されたが、一般にはまだ、行きらない。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
そのほか吉益東洞などとう医家が名だかくなって全国に聞こえるようになったのでしたが、同藩の小杉玄適が東洋のもとで学んでから、江戸に来て盛んに古医方ということを称えたので
杉田玄白 (新字新仮名) / 石原純(著)