“合棒”の読み方と例文
読み方割合
あいぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「曲者はその小姓にきまって居ますが、何処へ逃げたか、まるで見当もつかず、第一、三千両を持って行ったとすると、合棒が無きゃなりません」
銭形平次捕物控:239 群盗 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
既に靴の跡によって嫌疑の深い潮十吉であるが、この一巻の映画によって、彼の正体が暴露するのではあるまいか。赤外線男は潮十吉か。或いは赤外線男の合棒でもあるか。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
トそういう自分が、事に因ると、茶番の合棒発頭人と思われているかも知れん。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)