“吃飯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きつぱん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“吃飯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
気軽に走り行きしが、程無く老婢ろうひと共にもたらせる品々を、見好げに献立して彼の前にならぶれば、さすがに他の老婆子ろうばしさびしき給仕に義務的吃飯きつぱんひらるるの比にもあらず、やや難捨すてがたき心地もして、コップを取挙とりあぐれば、お静は慣れし手元に噴溢ふきこぼるるばかり酌して、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)