“右衛門尉”の読み方と例文
読み方割合
うえもんのじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
使節山岡隆景が、すぐ大坂から来て、事実を見聞して帰った。また折返して、増田右衛門尉長盛が、秀吉の旨をおびて使いに来た。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
佐久間右衛門尉信盛、池田庄三郎信輝、滝川左近将監一益、丹羽長秀なんぞの勇将が控え、以上四陣地の東方には、蒲生忠三郎氏郷、森庄蔵長可、木下藤吉郎秀吉、明智十兵衛光秀等が陣した。
長篠合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「されば」と、右衛門尉は、をさぐって、燭の下に、連名の一巻をひろげながら
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)