“右傍:みぎわき” の例文
“右傍:みぎわき”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“右傍:みぎわき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……其の門内もんないへつツと入ると、真正面の玄関の右傍みぎわきに、庭園におもむ木戸際きどぎわに、古槐ふるえんじゅ大木たいぼくむねおおうて茂つて居た。
雨ばけ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)