“右側:みぎわき” の例文
“右側:みぎわき”を含む作品の著者(上位)作品数
夏目漱石1
“右側:みぎわき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
高座こうざ右側みぎわきには帳場格子ちょうばごうしのような仕切しきりを二方に立て廻して、その中に定連じょうれんの席が設けてあった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)