“勝田君”の読み方と例文
読み方割合
かつだくん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勝田君く。『彼奴だ/\』と、くす/\ふ。自分のことをつたのかと、なきだに無愛想をしたモンゴリア事務長は、むづかしいをする。
検疫と荷物検査 (新字旧仮名) / 杉村楚人冠(著)