“劫風”の読み方と例文
読み方割合
ごふふう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陸奥丸甲板上の五時間半、青森より函館まで、秋濤おだやかなりし津軽海峡を渡りて、我も帽子も初めて大海を吹きまはる千古の劫風を胸の奥まで吸ひぬ。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
赫〻たる大日輪は螻蟻の穴にも光を惜まず、美女のにも熱を減ぜず、茫〻たる大劫運茅茨の屋よりも笑声を奪はず、天子眼中にも紅涙をる、尽大地の苦、尽大地の楽、没際涯劫風滾〻たり
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
右に日本海左に太平洋、一望劫風の極まる所、満目たゞ之れ白浪の戦叫充ち、暗潮の矢の如きを見る。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)