“刺胳”の読み方と例文
読み方割合
しらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
穿顱(7)は首尾よくなし遂げられた。刺胳(8)もされ、そのほか多くの普通の救助法も試みられた。
例えば緒方の塾に居るときは刺胳流行の時代で、同窓生は勿論私も腕の脈に針をして血をたことがある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
いつも腕の下に雨傘を抱えて出かけた。そしてその雨傘は長く彼の円光の一部となった。左官や庭師や医者などの心得も多少あった。馬から落ちた御者に刺胳をしてやったこともある。