“別荘:ヴィラ” の例文
“別荘:ヴィラ”を含む作品の著者(上位)作品数
宮本百合子2
岡本かの子2
久生十蘭1
“別荘:ヴィラ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 洋画7.1%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > ロシア・ソヴィエト文学3.7%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
松林の中の別荘ヴィラ風の洋館で、越後のいわゆる、人生の本ものを味わうという家庭生活が始まった。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
一月(十二歳)――ニイス〔フランス〕プロムナアド・デ・ザングレエ。別荘ヴィラアッカ・ヴィヴァ。
数寄の者の建てたエキゾチックな別荘ヴィラ――一口にう言ってしまった方が早いようである。
褐色の求道 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
籠手こてをかざして眺むれば、キャンヌの町を囲むレステレエルの山の斜面の裾から頭頂いただきまで、無数に散在する粋で高尚な荘館シャトオ別荘ヴィラ――その間では
華やかで遊惰な雰囲気のニースでバルコンある別荘ヴィラに住み、恐らくはロシアからかくしてもって逃げて来た金袋を減らしながら、思い出がたりで暮していたであろうお祖母さんオリガの、嘗てあった生活の幻を注ぎこまれて、中途半端な育ちかたをしたことは、ジャンにとって親を失ったより大きい客観的な不運である。
ジャンの物語 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)