“円戯場”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
アレエヌ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円戯場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一旦、円戯場アレエヌの砂に立ってちょいとくさみをするとヴィル・デ・ポオの小道に砂埃りが立つといわれたものでごぜやした。
すると向うは、くすぐったいものだから鼻のあなを拡げてへらへら笑う、その鼻の孔を角の先へ引っ掛けて相手の平駄張へたばるまで円戯場アレエヌのなかを引き廻すんでがす。
PR