“共用栓”の読み方と例文
読み方割合
きょうようせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さればやがて数年のには法華団扇太鼓百万遍の声全くみ路地裏の水道共用栓周囲からは人権問題と労働問題のしい演説が聞かれるに違いない。