“八重洲河岸”の読み方と例文
読み方割合
やえすがし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上屋敷は、八重洲河岸の川ぞいにある。は四万石、そして、彼はまだ若かった。時勢の新人で、俊才で、未来の老中をもって嘱目されていた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
氷が来た時分に、表から風の吹き通す茶の間の入口の、簾屏風の蔭にていた正雄も、やっと目を覚ましかけて来た。正雄はそのころ、叔父の知っている八重洲河岸の洋服屋へ行っていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
八重洲河岸の屋敷へ近づくにつれて、難しい父の顔が胸につかえてくる。登城して、もう屋敷にはいない時刻だが
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)