“八重洲口”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やえすぐち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“八重洲口”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二人は二時間ほどして東京駅の八重洲口やえすぐちの改札を出ると、とある横町の清涼飲料水の看板の出ている酒場の路地へ姿を消した。
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)
申しおくれましたが、当時の僕のすまいは、東京駅、八重洲口やえすぐち附近の焼けビルを、アパート風に改造したその二階の一部屋で、終戦後はじめての冬の寒風は、その化け物屋敷みたいなアパートの廊下をへんな声を挙げて走り狂い
女類 (新字新仮名) / 太宰治(著)