“佐武流”の読み方と例文
読み方割合
さぶりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仙ノ倉山の南で佐武流山の北にある二千五十一米の峰を超えて、更に遠く白雪皚々たる白馬の連峰が、肉眼では天際に棚引く一抹の横雲かと怪まれた。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
白砂山と山との間で尾根が二つ許り波を打っている、其一で上ノ間山の左に在る峰の上には、濃い藍色の影がに望まれるが、之は二千百九十二米の佐武流山である。
望岳都東京 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
北峰の上に岩菅山と佐武流山、などが其主なるものである。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)