“位負”の読み方と例文
読み方割合
くらいま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いや、彼は、位負けしないのだ。一躍禄高が上がっても、きのうの彼と変らないし、御小人からになり、また忽ち一城のうえに坐っても、あのとおりだ。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして位負けみたいな卑屈にすぐ妥協しかかる自分を腹だたしくいながらも
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「この剣に位負けせぬほどな功を立てよ」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)