“仮成”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かなり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仮成”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私義先代より当村へ来人に相成居申内、土地風稼方相覚、仮成かなりに渡世相送り候に付、見懸人みかけにんに被仰付、年々に両度見懸銀少々宛上納奉仕居申所、此度戸籍(マヽ)製御取調に付、何卒百姓ひやくしように被仰付下候得者、重畳難有仕合に奉存候。