“仏涅槃”の読み方と例文
読み方割合
ぶつねはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏涅槃ののちに起った大乗の教えは、のお許しはなかったが、過現未を通じて知らぬことのない仏は、そういう教えが出て来るものだと知って懸許しておいたものだとしてある。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)