“今我”の読み方と例文
読み方割合
こんが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう気がて見ると文三は幾分かが晴れた。叔母がそう憎くはなくなった、イヤろ叔母に対して気の毒に成ッて来た。文三の今我故吾でない、シカシお政の故吾も今我でない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)