“今北山”の読み方と例文
読み方割合
いまきたやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
別号を春秋花園とも言い、国学というものに初めて半蔵の目をあけてくれたあの旧師も、今は宇治の今北山に眠る故人だ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)