“仇讎”の読み方と例文
読み方割合
きゆうしゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風雲惨澹として旌旗を捲く 仇讎勦滅するは此時に在り 質を二君にと恥づる所 身を故主に殉ずる悲しむをたん 生前の功は未だ麟閣らず 死後の名は先づ豹皮
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)