“仁木右京大夫義長”の読み方と例文
読み方割合
につきうきやうだいふよしなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
早々鈴ヶ森の村役人へ屆けければ村役人は其段訴へ出で早速檢使の役人出張ありて改め等相濟み飛脚の死骸は十七屋孫兵衞方へ引渡しと相成けるとぞ其の延文康安の頃伊勢の國司長野の城主仁木右京大夫義長れが擅横に太神宮の御神領迄
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)