“仁木義長”の読み方と例文
読み方割合
にっきよしなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太平記というによれば、その昔、この伊勢地方には、仁木義長という弓矢の大馬鹿者がいて、神領三郡に打ち入って、ここを占領し、五十鈴川の魚をって食らったりし
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)