“人天咸供敬”の読み方と例文
読み方割合
にんてんげんくぎょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こゝに因果を観じて如是本末の理趣究竟し、根元を断証して菩提心に転じ、一宇の伽藍を起して仏智慧荘儼り、一念称名人天咸供敬の浄道場となせる事あり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)