“京白粉”の読み方と例文
読み方割合
きやうおしろい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
会つて言葉をしたところで相手が俳優の事だ、京白粉の話でもして、にやつと笑ふ位の事しか出来なかつたが、それでもお常はその一言に生命までもと思ひ込んだ。