“京極曲輪”の読み方と例文
読み方割合
きょうごくぐるわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「身、老職にありながら。……しかも重要な京極曲輪を、預けられておるご信望をも、むざと、ふみにじッて」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして一の曲輪と三の曲輪との中間に見える一は——あの二の曲輪は、俗に京極曲輪とよび、そこは老職の浅井玄蕃、三田村右衛門大夫、大野木土佐の三臣が固めておるのです。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「二の曲輪——あの京極曲輪が、一夜のうちに、信長方の軍にめられておりまする」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)